“勇者降臨”で試運転!「ガチャ限なし」ミツマタノヅチ編成の力はどれほど!?〜育成編3〜【パズドラ連載シリーズ】

パズドラ

ごっちのゲーム部屋へようこそ。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

パズドラ連載シリーズ3本目にして、ミツマタノヅチ編成の育成も終盤です。
いやしかし、ガイアドラゴンのスキル上げは困難極まりない。レベルも全然上がりません。

しかし、それ以外の部分は随分と育ってきました。
そこで、今回はパーティー育成の進捗と、”勇者降臨”での試運転の様子をお届けします。

ミノマタヅチパーティーはここまで育ったぞ!

ということで、まずは育成の進捗から。

前回から大きく変わったのは、ガイアドラゴン2体の覚醒です。
シリーズ1本目の育成戦略では、闘技場3を周回してガイアドラゴンを集めて覚醒とスキル上げをすると言いましたが、、、

なかなか闘技場3を周回するのも今の私には労力のかかることです。
また、そもそもガイアドラゴンもなかなか出ず。
(ヘラドラゴンに何回かやられている始末)

ちなみに、闘技場の集会はこのマドゥパを使っています。

そんな中、「たまドラ大量発生」のダンジョンがが常時存在していることに気がつきました。
私は1年2年くらいパズドラから離れており、最近復帰したばかりなので知りませんでした。

なので
「たまドラ」の希少価値は随分落ちたのだな、、、昔は頑張って集めていたのにな、、、
と思いながらも、そのおかげでガイアドラゴンの覚醒はたまドラを使うことにしました。

ここまでで、ガイアドラゴンのスキル上げ以外は「ほぼ」育成完了です。
レベル上げや覚醒の残りは地道にやっておきます。

試運転をしてみよう!ミツマタノヅチパーティー初出陣!

さて、パーティー育成もある程度完成してきたということで、適当に”勇者降臨”に挑んでみました。

といっても、”勇者降臨”なんて古いダンジョン、さくっと倒してもらわないと困ります。

では、いざ出陣!

1F

まず第一印象は、「HPたか!」です。
普段はマドゥパを使っていますが、それでもHPは5万くらい。
それを上回るHPです。ガチャ限なしパーティーとしては申し分ないでしょう。

ガイアドラゴンが2体攻撃を3つ持っているので、木の4つ消しを中心に組んでいきます。
この辺の雑魚敵は特に問題なくサクサクです。

2F

2Fは仮面です。
このパーティーの欠点はたくさんありますが、そのうちの1つが「スキルブーストが全然ない」という点です。

できればヨルムンガンドとウォレスのスキルは使えるようにしたいので、ここで軽くスキルだめをしてから突破します。

こんな地道なスキル溜めをしたのは何年以来でしょうか。

3F

もはやこの敵の名前を思い出せませんが、難なくここは突破です。
バッジを操作時間延長にしているということもありますが、ウォレスが指を3つ持っているため、操作時間は以外と十分です。

4F

でました。
パズドラ初期はヴァンパイアは結構強敵だった記憶があります。

正直このパーティーで一撃で突破できるか不安でしたが、全く問題なく突破できました。

5F

さて、いよいよボス戦です。
このパーティーでどこまで火力を出せるのか知りたいので、ウォレスのスキルを使って光を木に変換。

2体攻撃を2個組んで火力を見ます。

結果は、、、

一番火力が出ているのがリーダーのミツマタノヅチ!
約140万の火力が出ています。
(実際は、かなり落ちコンがきたので、純粋な2体攻撃2個分の火力ではありませんが、、、)

ガイアドラゴン、、、火力担当はお前のはずだったんだけどな、、、

とはいえ、やはりほぼ最高火力で140万しかダメージが出ないのは先が思いやられます。
特に最近のダンジョンの攻略は厳しそうです。

こうやって、ダンジョンに行くだけで経験値がもらえるのは嬉しいですね。

おわりに

パズドラ連載シリーズ『ミツマタノヅチで行く、ガチャ限なし編成でどこまで勝てるのか〜!!』の育成編としては、(ガイアドラゴンのスキル上げがどうなるかは置いておくとして)それ以外の育成は全て完了すると思うので、おそらく次が最後になります。

育成編が終わったら、今後は攻略編に移ります。
ガチャ限なしのミツマタノヅチパーティーでどこまでダンジョンを攻略できるのか、ぜひお楽しみください。

また、最終的な目標をどこにするかはまだ悩んでいますが、
候補としてはテクニカルダンジョン「伝説の雪渓」のイルシックス討伐を当面の目標にしようかなと考えています。

今となってはそんなに難しいダンジョンではありませんが、
ガチャ限なしのミツマタノヅチパーティーで攻略できればもう十分快挙でしょ。。。

ということで、ここまでご覧いただきありがとうございました。
ぜひまた遊びにきてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました